黒ずみケアクリーム&ジャムウ石鹸

育児で膝に黒ずみ…試してよかったクリーム

膝が黒ずんでしまったのは子供を産んでからのことでした。育児をしていると膝で立つことが多くなり、知らず知らずのうちに膝に刺激を与え黒ずんでいったのです。それでもあまり膝の出るような服装をしない私は、同級生の結婚式で久々に会った友人に指摘されるまで気にしていませんでした。

 

指摘されると急に恥ずかしくなってしまい、「何とかしなくちゃ」と思うように。そこで私は2つのことを実践しました。まずは、黒ずみの原因となった膝立ちの習慣を見直すことです。育児をしていると、どうしても子供目線になるので膝立ちになりがちでしたが、刺激を与えないためにも気を付けるようになりました。黒ずみの防止にもなるので、黒ずみが改善された今でも心がけています。次に試したのは黒ずみケアのクリームです。

 

調べてみるとや安いものから高いものまでいろいろな種類がありました。

 

その中で私が選んだのは、保湿力のあるクリームでした。もともと乾燥肌でしたがケアをしてこなかったので、少し高かったのですが試してみました。すぐには効果は出ませんでしたが、2か月くらい試したみると黒ずみが改善され始めました。保湿力もあるので、黒ずみの防止にもつながっています。

ジャムウといったハーブを利用した石鹸が良い感じ!

体の黒ずんだ部分は、なかなか人目に触れない部分ほど普段気にしないものですよね。私なんかもそうでした。確かに、足の付け根が何となくほかに比べると黒いなぁ・・・というのは感じていました。それは下着のせいだな、くらいにしか感じていなかったんです。そんな私が体の黒ずみを気にし始めたのは、ボディケア商品のサイトを見た時でした。

 

「見られていないからこそ、いつでも美しく!」

 

という感じのあおり文句があったのです。私は軽く衝撃を受けました。目からうろこのような感覚です。なるほど、確かに人目に触れるところばかりを磨いていても、それはあまりに当たり前すぎますよね。本当の輝く美とは、「全身をすみずみまで磨いてこそ!」ということだったのです。

 

それ以降、私はそのボディケア商品の「体の黒ずみを改善する」という商品を購入して、使い続けています。商品は「ジャムウ」というインドネシアのハーブを使った石鹸です。

 

ジャムウは消臭効果と美白効果を持つハーブで、100%天然由来なのです。元々は東南アジアのアーユルヴェーダという健康美容法に用いられているハーブです。すぐに効果が表れるわけではないものの、濃厚な石鹸の泡を黒ずみ部分に乗せてパックするという毎日の入浴を続けていると、確かに2〜3か月くらいたってから、うっすらと足の付け根の黒ずみが消えてきたようなのです。

 

それ以外にも、下着も足の部分に負担がかからないショーツを利用するなどの工夫を取り入れています。おかげさまで、私も少しずつ全身美に近づけている・・・かな?

 

ジャムウを使った石鹸やオイルは人気が高いようで、ネットで検索するとたくさん出てきます。私と同じように黒ずみにお悩みの方は、是非参考にしてみてくださいね。フェイス用の石鹸もあるみたいです!