膝の黒ずみ原因とバストトップの黒ずみ問題

膝の黒ずみができる原因と生活上の注意点

正座の習慣も無いのに、膝っていつの間にか黒ずんでいるから困りますよね。肌の黒ずみの一番大きな原因は紫外線ですが、厚手のパンツを履いている時期でも黒ずむのはなぜでしょう。黒ずみの原因には紫外線以外にも、肌刺激、乾燥、摩擦、圧力など、いくつも原因があります。

 

膝の黒ずみに限って言えば、紫外線よりも摩擦や圧力の方が大きいかも知れませんね。
正座をしないのに圧力と言われても、ピンと来ないかも知れませんけど、実は膝って結構圧力が掛かるものなんですよ。
例えば座っている時に、ちょっと手を伸ばせば届きそうなものを取りたいことってありますよね。

 

  • そんな時にわざわざ立ち上がって取りに行きますか?
  • 手を伸ばしてもう少しという距離だったら、つい膝立ちをして取ってしまいませんか?
  • 布団やベッドに乗る時に、つい膝をついていませんか?
  • 脚が細く長く見えるスキニーパンツがキツ過ぎていませんか?

 

キツ過ぎるパンツは、歩いたり座っている時に、膝に圧力を掛けてしまうのはもちろん、膝を動かすたびに衣類でこすれ、摩擦とのダブルパンチで膝の黒ずみを招いてしまうんですよ。

 

洗顔後やお風呂上がりには、顔のお手入れはしっかりと行っていても、体のスキンケアは意外とサボってしまいがちです。乾燥した肌はターンオーバーも乱れ、色素沈着を起こしやすくなってしまいます。膝の黒ずみが気になったからと言って、ごしごしと擦り洗いをしてみたり、過度なピーリングは逆効果です。お風呂上がりにしっかりとした保湿を行い、立膝はしない、キツ過ぎるパンツは履かないようにして、黒ずみ知らずの膝を手に入れましょうね。

バストトップの黒ずみに満足度の高いグッズ

20〜30代の女性、約9割が悩んでいると言われる「乳首の黒ずみ」。コンプレックスになっている方も多いのではないでしょうか。できればピンク色の乳首を手に入れたいですよね。そもそも、どうして乳首が黒ずむのかご存じですか?

 

日焼けすると顔が黒くなるメカニズムと似ていて、メラニン色素が原因とされています。外的刺激から皮膚を守ろうとメラニン色素が生成され、黒くなるんです。なのでバストサイズに合わない下着を身に着けていると乳首が擦れ、黒ずむ原因になります。バストを清潔に保つのはもちろんのこと、サイズに合った下着を身に着けることも大切です。

 

また妊娠・出産することで一時的に乳首が黒くなるケースもあります。これは女性ホルモンが関係していて、誰もが経験することです。

 

赤ちゃんがママのおっぱいを見つけやすくするため、黒ずむとも言われています。時間が経てば元の色に戻るので心配いりません。

 

ほかにも加齢も原因の一つとされています。
新陳代謝が低下することで、メラニン色素が残り黒ずんでしまいます。最近では乳首の黒ずみをとる専用クリームが販売されています。顔のスキンケア同様に乳首ケアも行うことでピンク色の乳首が手に入ります。

 

おすすめは「ホワイトラグジュアリープレミアム」です。満足度も高い商品であることから一度試してみるのもよいかもしれませんね。